Fortune-telling reference.

占いのリファレンスサイト

占い辞典-さ行-

●四柱推命占い

四柱推命とは、生年月日と出生時刻をもとに人の運命や運勢を占う占いです。
古代中国において生まれ、中国の皇帝が政治において重要な判断を行なう際に、この四柱推命占いを用いたとされています。

四柱推命占いにおいて用いられる「四柱」とは、生まれた年、生まれ月、生まれた日にち、生まれた時刻の4つのことをいいます。
この4つ「四柱」を要素として人の運命を推察することから、この占いを四柱推命と呼ぶのです。

四柱推命占いは古代中国から始まり長く用いられており、日本では江戸時代から使われているなど、占いの中では長い歴史を持っています。
こうしたことから、四柱推命は統計学的に正確性が高いことが証明されており、抜群の的中率を持つと言われています。

四柱推命占いで占えるテーマの範囲は広く、人の性格、恋愛運、金運、一生を通じた運勢、その年の運勢など、実に様々です
。四柱推命占いは生まれた時刻も占いの要素にしていることから分かるように、四柱推命占いは人が生まれついて持った運命、変えることのできない天運とも言うべきものを重視しています。このため、四柱推命は軽い気持ちや遊び半分で用いるべきではなく、人生の指針として厳粛な気持ちで用いるべきなのです。

●数秘術占い

数秘術は、占いの対象とする人の生年月日や姓名を使い、固有の計算式に基づいて運勢の傾向や先天的な宿命を占う方法です。
数秘術では、一般的に生年月日や姓名を数字に置き換え、一桁になるまで全ての数字を足し、最後に出た数字の持つ意味で占いを行います。
誕生日からは誕生数が、姓名からは姓名数が導き出され、また、誕生日や姓名の一部だけ計算したり、誕生日と姓名の数を組み合わせたりする場合もあります。

日本人の場合、姓名をローマ字で表記し、そのアルファベットをさらに数字に置き換えることになります。
誕生数は一生変わらないため、持って生まれた生来の性格や先天的な宿命等の占いに利用され、姓名数は結婚等で姓が変わったりする際の運命等、表面的な占いに利用されています。

数秘術の創始者は、ピタゴラスの定理で有名なピタゴラスだといわれており、実際の数秘術の占い方法にはこのピタゴラス方式とカバラの2種類がありますが、カバラによる数秘術が一般的には広く利用されています。
カバラ数秘術による占いでは、数字がそれぞれ意味を持っているとされており、例えば「1」は、自他共に厳しい完璧主義者であり、自制心が強く冷静沈着、忍耐強い努力家という意味。「2」は、豊かな感情を表現する芸術家タイプで、夢の世界に生きるロマンチストタイプという意味があるそうです。

●性格占い

性格占いの最もポピュラーなものは血液型占いです。
血液型占いは、血液型分類ともいわれていますが、ABO式血液型が気質または性格と関連しているという古くからの考え方で定着しています。
しかし、未だに科学的根拠が乏しいという事実も否定できません。

性格占いの方法には、アンケートに回答させる方法もよくみられます。
これは、心理学、大脳生理学などの進歩によって、統計上のデータから性格を導く方法です。
この場合、占いというよりはむしろ性格診断や性格判断に近いものとなります。

生年月日から性格を占う主な方法には、四柱推命・占星術・算命学があり、最近は細木数子の六星占術がブームとなっていますが、六星占術は四柱推命学やその他の占いから派生したものと考えられています。

生年月日での性格占いで最も支持されている占いに、九星・十ニ支があります。
一白水星・二黒土星・三碧木星・四緑木星・五黄土星・六白金星・七赤金星・八白土星・九紫火星というタイプに分けられ、一白水星は頭脳明晰でプライドが高い、二黒土星は何ごともマイペースではあるが他人をねたみやすい、三碧木星は熱しやすく冷めやすい、四緑木星は優柔不断、五黄土星は自信過剰、六白金星は人から命令されるのが嫌い、七赤金星は交渉能力に優れている、八白土星は冷静沈着、九紫火星は二面性、というふうになるそうです。

●星座占い

星座占いは、元来あった西洋占星術が簡略されて日常的に利用されている占いです。
誕生した時点に太陽が12宮のどの位置に在ったかにより、その人物の性格や相性、運命などを占うのです。
その太陽の位置は星座の名称で表現されていますが、12星座占いでは、春分点を始まりとして均等に12分割された区分けに沿って、星座をわけています。
そこで、牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座・獅子座・乙女座・天秤座・蠍座・射手座・山羊座・水瓶座・魚座に分類して占うのです。
これに、へびつかい座を加えた13種類の星座を用いた占いもありますが、まだ普及には至っておりません。

ホロスコープを利用して星座占いを詳しく行う場合には、生年月日だけでなく、生まれた時間・場所に関するデータも必要です。
ホロスコープは、ある特定の瞬間を地球を中心にして描いた天体の地図のようなものなのです。ただ、天球図と呼ばれる宇宙全体を描いているものとはちがい、このホロスコープで描かれるのは、12の星座と10の星、そしていくつかの重要な要素だけです。
しかし、ホロスコープを作成するには面倒な計算が必要となり、専門家でないと作成するのは困難だと思います。
現在は、ネット上でホロスコープ作成サービスも登場しており、素人でも簡単に入手することができます。

●成分分析占い

成分分析占いは、名前を入力するとその人が何からできているかを「成分分析」して表示するweb上の占いです。
成分分析占いは、占いといっても運勢が分かるわけでもラッキーカラーが分かるわけでも、金運や恋愛運が分かるわけでもありません。
ただ、面白い結果で楽しむだけなのです。
しかし、予想外に当たっている場合もあり、本当に飽きない占いだと思います。

また、成分分析占いは人間が占っているわけではなく、web上で公開されている「成分分析占い」サイトで情報を入力しなければいけません。そのため、成分分析占いを楽しむにはパソコンか携帯電話が必要です。
およそ占いとしては何の役にも立たない成分分析占いですが、どんな分析結果が出るのかはやってみないと分からず、笑えるような結果や意外とドキっとしてしまうようなユニークな分析結果が出ることも多いので、自分のブログなどで自分の名前を分析した結果を載せたり、芸能人の名前や物の名前などを成分分析占いした結果を載せたりと、今では一つのブームとなっています。

たとえば、「半分は優しさでできている」で有名な頭痛薬を成分分析占いすると、「47%は根性で出来ています。44%は濃硫酸で出来ています」といったような結果が出てきます。

●前世占い

自分の前世を信じるも信じないも自由ですが、皆さんは前世占いについてどう思われているのでしょう?
そして、前世占いをしてもらったことはありますか?
自分の前世は、もしかしたら日本ではなく海外の人だったかもしれませんし、歴史上の偉人かもしれません。
どんな人が前世だったのか気になりますね。
ですが、何か嫌なことがあった場合、前世のせいにするのはいけません。結局は自分なのです。
でも、前世占いで自分のことを振り返ってみるのも楽しいことだと思います。

インターネットサイトの前世占いでは、やはり性格や行動、体の特徴などをチェックする場合が多いそうです。また、簡単に生年月日からチェックできる前世占いもあります。
前世占いはあくまでも自分の人生の参考にしましょう。

テレビなどでは、よく今の自分が知らない場所をよく知っていて話したり、前世の人が乗り移って前世の話をしたりする番組もありますが、一般の人には遠い話だと思います。でも、前世占いを楽しむのは、自分を知るための一歩だと言えるでしょうし、一度やってみるのも面白いと思います。

pickup

学資保険の返戻率
http://roam2rome.com/
浜松で餃子ならこちら
http://www.ishimatsu-gyoza.co.jp/

最終更新日:2017/3/23

Copyright© Fortune-telling reference.All RightsReserved.